• “誰かをおもう”気持ちから医療現場で生まれ、
    愛され続けてきたブイ・クレス。
    ご愛用者それぞれの“おもう”について聞きました。

  • ブイ・クレスご愛用者
    言語聴覚士
    粉川こかわ将治さんに聞きました

 摂食・嚥下障害は全身病といわれていて、嚥下はさまざまな病気で最後に症状が現れる重要な機能です。「言語聴覚士」として医師や看護師、管理栄養士などの多職種と連携して、いかに誤嚥を防ぎ、口から食事を摂ってもらうか、ひとりひとりの患者さんと向き合い、日々試行錯誤し続けています。この分野では誰にも負けないスペシャリストであると自負しています。医療従事者には、専門知識や臨床経験も大切ですが、最後は「愛」です。重要な局面ではいつも「自分の家族だったら」という一点に立ち返ります。  

画像
タイトル上 あなたにとって大切な誰かって

 中学生と高校生の息子がいます。彼らが健やかに育つことがいちばんの願いです。親子でサッカーをしているのですが、サッカーを通じて子どもと真剣に関わることで学ぶことがたくさんあるんです。いちばん印象的だったのは、JFAの指導者ライセンスを取得するため、勉強をしていて気づいた「自律」の大切さ。これまで自分の意見を押し付けていた点に気づいて、「パパの言ってたことは間違ってた。ごめん」ってふたりに謝りましたよ。医療も同じですね。患者さんの自主性を奪っちゃいけない、と再確認しました。
※日本サッカー協会

家族画像
線
タイトル 仕事で〜

 患者さんがよくなっていくこと、「よかった」「ありがとう」…、うれしい言葉はたくさんあるけれど、患者さんが自分の口で食べる喜びを取り戻した瞬間の「おいしい!」のひと言に勝るものはありません。家族に喜ばれ、食べることの大切さを改めて実感する言葉でもあります。医療に従事するものとしての達成感はもちろん、「人」として寄り添い続けてきた患者さんと喜びをともにできる、それまでの苦労が吹っ飛ぶ瞬間です。

線
タイトル 今現在の課題

 喫緊の目標は、摂食嚥下リハビリテーション学会での発表です。講演や講師を務めるのも、臨床の現場で身につけた知識、技術、成果を少しでも多くの人に伝え、どんどん活用してもらいたいからです。臨床で最も大事なものは「尊敬と感謝」。患者さん、ご家族、ともに働く人…、すべての人にリスペクトをもって接することを伝えています。
 もうひとつは、医療や介護に従事する人や、摂食・嚥下障害の患者さんや家族の方が、どこに行けばどんな形態の食事ができるかが一目でわかるようなチャートを作成することです。まずは港南区にあるすべての病院・施設の「食事形態」を統一すること。それができたら、さらに横浜市全体で統一したい、と夢を広げています。  

学会画像
ブイクレスの購入はこちら
誰かをおもって
100年続く、物語へ

“誰かをおもう”気持ちから医療現場で生まれ、
愛され続けてきたブイ・クレス。
ご愛用者それぞれの“おもう”について聞きました。

100年続く、物語へ

ブイ・クレスご愛用者
言語聴覚士
粉川こかわ将治さんに聞きました

タイトル 誰かを思って

 摂食・嚥下障害は全身病といわれていて、嚥下はさまざまな病気で最後に症状が現れる重要な機能です。「言語聴覚士」として医師や看護師、管理栄養士などの多職種と連携して、いかに誤嚥を防ぎ、口から食事を摂ってもらうか、ひとりひとりの患者さんと向き合い、日々試行錯誤し続けています。この分野では誰にも負けないスペシャリストであると自負しています。医療従事者には、専門知識や臨床経験も大切ですが、最後は「愛」です。重要な局面ではいつも「自分の家族だったら」という一点に立ち返ります。  

画像
画像

飲み込みの状態を評価するための
「嚥下造影検査」

あなたにとって

 中学生と高校生の息子がいます。彼らが健やかに育つことがいちばんの願いです。親子でサッカーをしているのですが、サッカーを通じて子どもと真剣に関わることで学ぶことがたくさんあるんです。いちばん印象的だったのは、JFAの指導者ライセンスを取得するため、勉強をしていて気づいた「自律」の大切さ。これまで自分の意見を押し付けていた点に気づいて、「パパの言ってたことは間違ってた。ごめん」ってふたりに謝りましたよ。医療も同じですね。患者さんの自主性を奪っちゃいけない、と再確認しました。

※日本サッカー協会
画像
線
タイトル 仕事で

 患者さんがよくなっていくこと、「よかった」「ありがとう」…、うれしい言葉はたくさんあるけれど、患者さんが自分の口で食べる喜びを取り戻した瞬間の「おいしい!」のひと言に勝るものはありません。家族に喜ばれ、食べることの大切さを改めて実感する言葉でもあります。医療に従事するものとしての達成感はもちろん、「人」として寄り添い続けてきた患者さんと喜びをともにできる、それまでの苦労が吹っ飛ぶ瞬間です。

線
タイトル 今現代の

 喫緊の目標は、摂食嚥下リハビリテーション学会での発表です。講演や講師を務めるのも、臨床の現場で身につけた知識、技術、成果を少しでも多くの人に伝え、どんどん活用してもらいたいからです。臨床で最も大事なものは「尊敬と感謝」。患者さん、ご家族、ともに働く人…、すべての人にリスペクトをもって接することを伝えています。

学会画像

もうひとつは、医療や介護に従事する人や、摂食・嚥下障害の患者さんや家族の方が、どこに行けばどんな形態の食事ができるかが一目でわかるようなチャートを作成することです。まずは港南区にあるすべての病院・施設の「食事形態」を統一すること。それができたら、さらに横浜市全体で統一したい、と夢を広げています。

誰かをおもって