ブイ・クレスの誕生秘話

ブイ・クレスの誕生秘話

縦線

1994年に医療保険制度が改定され、患者さんへの総合ビタミン剤の投薬が保険の適用外になりました。
それは、日本政府が、ビタミンを「薬ではなく、食事から摂りましょう」という方針転換をしたことを意味しています。
患者さんの中には、ビタミンを食事から摂るのが難しい方もいらっしゃいます。
「ジュースでもスープでもいい。患者さんのための総合ビタミンサプリメントがあったら…」。
ある病院の先生から、このようなご相談を受け、私たちはビタミンを配合した製品の開発に乗り出したのです。

縦線

製品開発をはばむ
“ビタミン臭”の壁

縦線

ブイ・クレス歴代のパッケージ

歴代のパッケージ

業界初の試みにも挑戦

ブイ・クレスには「味」だけでなく、どんな方にとっても十分な「栄養成分量」と「ベストなバランス」を追求しました。患者さんの具体的な要望に応えるために、私たちが栄養学的にできるサポートを考えた結果、初代のブイ・クレスに“亜鉛”をプラスすることに思い至ったのです。しかし、ブイ・クレスに亜鉛をそのまま添加するにはさまざまなハードルがあり、時間がかかりました。

そこで思いついたのが、亜鉛をたくさん含んだ食材をブイ・クレスに加えるというものでした。早速、あちこち探して回った結果、たどりついた食材がジャイアントケルプという大きな昆布です。その昆布に酵母をまぶして亜鉛を濃縮するのですが、この酵母のにおいにもまた悩まされて…。

数々の酵母の中から適したものに出合うまでに、かなりの手間と時間がかかりました。その甲斐あって、業界初の亜鉛配合の微量栄養素補助飲料としてブイ・クレスαが完成したのです。

その後のブイ・クレスは、新たにコラーゲンペプチド配合のCP10(シーピーテン)や、乳酸菌配合のBIO(ビオ)など、新たなラインナップを追加。そして今も、新たなステージへと進もうとしています。

縦線

美味しさへの更なる挑戦

美味しさへの更なる挑戦

縦線

ブイ・クレスの誕生から14年が経った2008年のこと。「毎日飲むものだから、他の味もあったら良いのに…」。
そんなお客様の声から、ブイ・クレスの新たな挑戦「新しい味の開発」が始まりました。
開発にあたり、重視したポイントは3つ。
一つめは、栄養素(ビタミン・ミネラルの配合)と美味しさを両立すること。
二つめは、既にある「ブイ・クレス」と個性がかぶらないこと。
三つめは、他のサプリメントにはない「味」を生み出すこと。

縦線

  

縦線

しかし、個性的な「ラ・フランス」を外したくないという想いも強く、まずは試作してみることになったのです。
結果、試作品は好評。当時、キャロット、ベリー、ピーチ、ラ・フランスと4種類の中でも、
ラ・フランスが「いちばん好きな味!」という社員も多く出たほどでした。さらに、新製品が発売される
予定時期は10月頃。「ラ・フランス」の旬というチャンスも重なり、ついに正式発売となりました。