“寛政の三奇傑”のひとり、高山彦九郎が皇居遥拝の際、玉英堂に立ち寄った逸話から店名に。(店内の額)

ブイ・クレスは100年愛されるベーシックサプリメントを目指します。
  • 和菓子職人 今江將人さんに

    ブイ・クレスCP10をお試しいただきました。

  • 思ったよりずっと飲みやすいですね。
    サプリメントの類は飲んだことがないし、ジュース自体も普段飲まないんです。だから、もっとケミカルな味を想像していたんですが。

    和菓子づくりは、体力仕事です。夏の工場内は40度近くになります。水分補給と同時に、食事だけでは不足しがちなビタミン・ミネラルがこれだけで摂れるのって、いいですね。

  • 工場での仕事を終えて、店に出るときなどは気分転換が必要です。そんなときに飲むのにいいですね。

    キャロットが気に入ってます。量もちょうどいいし、これなら毎日続きそう。

まずはお気軽にお試しください!

ブイ・クレス全7種、1本ずつを特別価格で。
手軽においしく、ビタミン・ミネラル補給

特別価格

フォトギャラリー

一子相伝で歴史をつなぐ

目で、耳で、舌で味わう、といわれる京菓子。季節ごとの彩りや味わいを楽しむその文化は、時代を超えて魅力を放つ。親子三代が立ち働く工場では、今日も繊細なたたずまいの和菓子が生まれる。「“歴史を引き継ぐ”ひとりになれたらいいな、と思っています」という今江さんはまだ二十代。伝統の技をどん欲に学びながら、和菓子の文化を未来につないでいる。

  • 季節ごとの意匠で茶席を彩る和菓子。これは夏の扇とその木型。
    木型には明治時代から大切に使われているものも。

  • 橋の「擬宝珠(ぎぼうし)」は、京都の古い橋を壊すときにいただいたもの。
    こんなところにも創業の地、京の三条河原町の名残が。

  • 店内には四半世紀の歴史を感じさせる数々のものが。州浜型をかたどった紋や店名が螺鈿細工であしらわれた塗りの菓子箱もそのひとつです。

  • 江戸時代の勤皇家・高山彦九郎。京都に出入りする際に、御所に向かって拝礼していたといわれています。店の入り口にもその姿が。

  • 玉英堂といえば「虎家㐂」。小豆の豊かな風味と粒感が絶妙な餡と、ふわっとやわらかな生地が特長です。

続けるひと
  • 和菓子職人:今江將人(いまえまさと)さん

    1994年生まれ、東京・日本橋の和菓子店 玉英堂彦九郎の和菓子職人。4世紀以上に及ぶ歴史ある老舗の味と技を、祖父、父というふたりの先達から日々学ぶ、修行の真っ最中。

  • 和菓子職人:今江將人さん
100年続く、物語へ

100年愛され続けるサプリメントを目指して
ブイ・クレスは、前に進み続けるひとを
応援します。

みちびと:渡辺マサヲ さん
  • 創業440余年の重み

     東京は人形町にある京菓子司「玉英堂 彦九郎(ぎょくえいどう ひこくろう」。三年前、今江將人さんはこの店の菓子職人になった。といっても彼は現当主の孫。祖父と父という大先輩に弟子入りしたことになる。
     工場には祖父、父、將人さんの三人の職人が揃う。店舗は本店の一店だけ。菓子の製造から販売までをすべて家族中心で行うのは、京都三条河原町で創業した四世紀以上前から変わらないスタイルであり、「手間も時間も惜しまず、小さくても嘘のない仕事を」という代々守り続けてきた矜持でもある。

先代考案の「虎家㐂(とらやき)」は、
誕生以来80年以上愛され続けている。

栗を真ん中に三色の餡を薯蕷饅頭で包んだ
「玉万」は、慶事にも人気だ。

  • 伝統をつなぐよろこび

     幼い頃からほかの職業に就くことは考えたことがなかったという將人さん。大学卒業後、企業に就職したのも、店を継ぐうえで必要な経験を積むためだ。職人になるときも迷いはなかった。「“掃除三年、餡炊き五年”といわれるこの世界では、一人前と呼ばれるにはまだまだです。継ぐことになれば、背負う歴史に対してのプレッシャーももちろんあります。でも、今はとにかく父や祖父に追いつけ追い越せの気持ちです」と將人さん。
     コロナ渦を経て、和菓子の世界も大きく変わったという。「昔からのお客様を大切にするとともに、新しいお客様をどう開拓するか、和菓子の魅力をどう伝えていくか。それを考えるのも僕の仕事です」。新たに始めたネット販売やSNSでの発信にも手ごたえを感じている。
     「この仕事には、脈々と引き継がれる歴史に関わっている、という魅力があるんです」。淡々と、でも力強い將人さんの言葉だ。

“寛政の三奇傑”のひとり、
高山彦九郎が皇居遥拝の際、
玉英堂に立ち寄った逸話から店名に。
(店内の額)

  • 京菓子の歴史を伝える州浜の紋

     丸が三つ集まったような紋は州浜という和菓子の型です。
    口伝によると、京都での創業当時からこの州浜という菓子を各所に収めていたことから、店の紋になったとか。

  • トレードマークの白いシャツは砂糖の「白」

     午後からは店に出ることも。白衣と帽子を脱いで白いシャツとデニムに着替えた將人さんは、また別のイメージ。営業やSNSの発信なども將人さんが担います。

ブイ・クレスは100年愛されるベーシックサプリメントを目指します。

和菓子職人 今江將人さんに

ブイ・クレスCP10を
お試しいただきました。

思ったよりずっと飲みやすいですね。
サプリメントの類は飲んだことがないし、ジュース自体も普段飲まないんです。 だから、もっとケミカルな味を想像していたんですが。

和菓子づくりは、体力仕事です。夏の工場内は40度近くになります。水分補給と同時に、食事だけでは不足しがちなビタミン・ミネラルがこれだけで摂れるのって、いいですね。

工場での仕事を終えて、店に出るときなどは気分転換が必要です。そんなときに飲むのにいいですね。

キャロットが気に入ってます。量もちょうどいいし、これなら毎日続きそう。

まずはお気軽に
お試しください!

ブイ・クレス全7種、
1本ずつを特別価格で。
手軽においしく、ビタミン・ミネラル補給

特別価格

フォトギャラリー

一子相伝で歴史をつなぐ

目で、耳で、舌で味わう、といわれる京菓子。季節ごとの彩りや味わいを楽しむその文化は、時代を超えて魅力を放つ。親子三代が立ち働く工場では、今日も繊細なたたずまいの和菓子が生まれる。「“歴史を引き継ぐ”ひとりになれたらいいな、と思っています」という今江さんはまだ二十代。伝統の技をどん欲に学びながら、和菓子の文化を未来につないでいる。

  • 季節ごとの意匠で茶席を彩る和菓子。
    これは夏の扇とその木型。
    木型には明治時代から大切に使われているものも。

  • 橋の「擬宝珠(ぎぼうし)」は、
    京都の古い橋を壊すときにいただいたもの。
    こんなところにも創業の地、京の三条河原町の名残が。

  • 店内には四半世紀の歴史を感じさせる数々のものが。
    州浜型をかたどった紋や店名が螺鈿細工であしらわれた塗りの菓子箱もそのひとつです。

  • 江戸時代の勤皇家・高山彦九郎。
    京都に出入りする際に、御所に向かって拝礼していたといわれています。店の入り口にもその姿が。

  • 玉英堂といえば「虎家㐂」。小豆の豊かな風味と粒感が絶妙な餡と、 ふわっとやわらかな生地が特長です。

続けるひと
和菓子職人:今江將人さん

和菓子職人:
今江將人(いまえまさと)さん

1994年生まれ、東京・日本橋の和菓子店 玉英堂彦九郎の和菓子職人。4世紀以上に及ぶ歴史ある老舗の味と技を、祖父、父というふたりの先達から日々学ぶ、修行の真っ最中。